ホーム > 事業内容 > 梱包・輸送事業-新・物流ネットワーク-

梱包・輸送事業-新・物流ネットワーク-

物流の視点から考える経営管理のススメ

受発注管理・在庫管理・発送管理、そして生産管理部門より成り立つ「物流」。今まで、各管理業務はそれぞれ独立して
捉えられることが一般的で、各部門において情報の共有化は果たされていないのが現状でした。
富士梱包輸送はこの点に着目し、各部門間の連携とそれぞれの現場に集約されている情報こそ重要であると
気づきました。
そして、各部門のデータを生産管理に反映することで、経営の効率化・合理化を実現できると確信したのです。
そして、情報の分析とシステム開発を通じて、「新・物流ネットワーク」を完成いたしました。
在庫管理部門と生産部門、そして経営部門を「モノ」「情報」でリンクさせることで、物流プロセスにおける無駄を
省き、経営管理の最適化を支援する「新・物流ネットワーク」。現在、このサービスはインターネットを通じて、
生産ラインや仕入れ数へのフィードバックなどに活用されています。

新・物流ネットワーク

新・物流ネットワーク

「新・物流ネットワーク」のメリット

在庫の極小化
在庫の極小化
リアルタイムにデータを生産管理に反映し、在庫の極小化を
実現します。「見込み」による死蔵や停滞在庫を排除し、販売動向に
合わせた対応が可能です。
業務の軽減
業務の軽減
操作は、必要データをシステムに入力するだけ。伝票管理に比べて
はるかに簡単で、かつ各管理部署との情報の共有もスムーズに行え
ます。
人員およびコスト削減
各管理部門における人員およびコストを削減し、経営のスリム化を実現
します。

独自の管理システム

富士梱包輸送では、システム導入前に入念なヒアリングを実施。

自社SEがご要望に合わせた
システム研究・開発をスクラッチ
で行い、コスト削減および
サービス向上に努めています。

「新・物流ネットワーク」フローサンプル

「新・物流ネットワーク」フローサンプル
このページの先頭へ